なぜか息子の「右側」ばかりを歩く飼い犬。そしてある日、両親は理由に気が付いた

イギリス在住のキャノン夫妻宅で暮らす、5歳の息子・マークくんと飼い犬のアルフィー。

 
同い年でとっても仲良しの2人ですが、一つ気になることがありました。

 
外で歩いているときも、家の中でくつろいでいるときも…

アルフィーは、常にマークくんの右側にいるのです。

 
その振る舞いは、まるで盲導犬のよう…。

ただならぬ雰囲気を感じたキャノンさんたちは、息子を病院に連れて行き、精密検査を受けさせることにします。

 
その結果



マークくんの右目は、なんと「視力を失う寸前」という危険な状態にありました。

 
家族、そして本人でさえ認識できなかった異変に気づいたアルフィー。

 
他の誰よりも長い時間を一緒に過ごしていたからこそ、彼は親友のピンチを救うことができたのでしょう。

 
その後、マークくんの右目の視力は徐々に回復し、元気にサッカーができるまでになったそうです。

犬と人間の絆を感じるエピソードに、胸が熱くなりました。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ