16歳の少年が見つけた、ホコリまみれのXbox。親子の絆をめぐる実話に涙が止まらない

YouTubeのコメント欄に投稿された、とあるユーザーの実話。

それをもとに制作された「Player Two」というタイトルの動画に、世界中が涙しました



16歳の少年はある日、倉庫で埃まみれのXboxを見つけます。

 
それは大好きだったお父さんが、4歳の誕生日にプレゼントしてくれたもの。

彼の心に、親子2人で楽しく遊んだ幸せな日々がよみがえりました。

 
しかし…

お父さんは、少年が6歳の時に他界。

 
その後、耐え難い悲しみから逃れるためか…

少年は無意識のうちに、父親の記憶ともども、このXboxをそっと封印していたのです。

 
彼はXboxをテレビに繋ぎ、久しぶりに電源を入れてみました。

 
思い出深いレーシングゲームが始まります。

 
すると…

半透明の車が、少年の前方を走りだしました。

 
コースベストを走った際の映像が、プレイ画面に重ねて表示される「ゴースト」と呼ばれる機能。

 
それはまさに10年前…

お父さんが走った、そのままの姿でした。

 
父親の面影を懐かしむ少年は、来る日も来る日もレースを続けます。

 
どれほど頑張っても、なかなかあの日のお父さんの背中を追い越すことは出来ません。

それでも、がむしゃらにゲームに励む少年。

 
そして、いよいよその日がやってきました。

何回ものチャレンジを経て、ついに彼は、父親の「ゴースト」を抜き去ります!

 
その瞬間





 
記録されるゴーストは、「最速の1台」のみ。

 
自身のベストタイムが父の姿を上書きせぬよう…

彼はコントローラーを離し、試合を放棄したのです。

 
本当の背中は見られなくなりましたが…

お父さんの愛情はゲームの中で生き続け、息子を導きました。

 
感動のストーリーを、ぜひ動画でもご覧ください。

 
親子の絆は、2度と会えなくなっても、消えることはありません。

素晴らしいエピソードに、思わず胸が熱くなりますね!

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ
あなたにオススメ [PR]