【鳥肌】「火垂るの墓」と「となりのトトロ」。この2作品って、よく考えてみたら?

山猫だぶ (@fluor_doublet)さんが投稿した、「火垂るの墓」と「となりのトトロ」を巡る呟きに注目が集まっています!

※「となりのトトロ」=過去に宮崎監督が『1988年に1953年を想定して作られた』とコメントしている

 
さつきと節子が、「同じ時代で同い年」…!?(((゚Д゚;)))

現代の子どもたちにとっては、誠に信じがたい話でしょう。

 
なお公開当時、これら2作品は同時上映されていました。

 
登場人物それぞれが、どんな想いを抱えて生活を送っていたのか…。

改めて、深く考えさせられますね。

関連:『渋い場面をチョイスするな』 トトロを見た息子の「モノマネ」が細かすぎて吹いた!

 
ネットの反応

●この観点で作品を見たことはなかった

●環境が分ける明暗というか…せつないです

●諸説あるみたいだけど、考えさせられるな

●今だって家庭による子どもの生活格差は驚くものがありますが、戦争前後は凄まじいものですね

 
二度と繰り返してはいけない悲劇。

戦争の不条理さを思い知らされる一幕に、他のユーザーからも様々なコメントが寄せられていました。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ