日本だと、家に1人でもさほど寂しくないと語るカメルーン出身の母。その理由は?

日本とカメルーンの両国で育った漫画家・星野ルネ (@RENEhosino)さんが投稿した、ご自身のお母さんのエピソードを描いた作品に注目が集まっています。

 
『日本は喋る家電が多いから、結構なごむ』

長らく住んでいる我々は失いつつある感覚かもしれませんが…改めて考えてみると、とっても凄いことですよね!

 
ネットの反応

●話す家電、外国から嫁いだ方々を癒していたなんて、家電の中の人に聞かせたい良い話ですね

●イギリス育ちのウチの息子も、わたしの実家の「お風呂が沸きました」等の電子ボイスに和んでいました

●しゃべる家電って日本的なものなのか! 確かにニュージーランドのうちの家電で、音声が出るものは一つもない

●これはめっちゃほっこりするし、ちょっと目からウロコ案件

 
ハッとさせられるお話に、他のユーザーからもたくさんの反響が寄せられていました!

ルネさんの漫画をもっと読んでみたいという方は、ぜひコチラのモーメントもチェックしてみてください!

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]