根拠なくイタズラを疑われた中学生。教師から心無い嫌味を言われるも、まさかの結末!

「冤罪」というワードで、ある苦い思い出が蘇ったとつぶやいたohana (@ohana3am)さん



それは彼が中学生のときのこと。

担任教師の写真の「目」に、何者かが画鋲を刺すという事件が起こりました。

 
すると、何故か教師はohanaさんを疑い始めたそうです。

その根拠が



火のないところに煙は立たないと言いますからね。

 
ひどすぎる(((゚Д゚;)))

あまりの暴言に腸が煮えくり返ったohanaさんは、その瞬間の心情を、こう振り返ります



もっかい刺したろうかって思った。

 
いややってたんかい(笑)!!!!

もちろん決めつけはよくありませんが、結果的に名推理となってしまいましたね…( ;∀;)

 
ネットの反応

●刺してますやん

●共感返せwww

●火のあるところに煙が立っただけじゃないか

●冤罪で思い出す(冤罪とは言っていない)

 
まさかの結末に、コメント欄でも激しいツッコミの嵐が吹き荒れていました!!

▶投稿本文

スポンサードリンク
               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]
あなたにオススメ [PR]