「才能ないからバレリーナは諦めろ」と言った先生が、後に? 『すごく嬉しかったな』

通知とリプ追えない真路@JGstロス (@odaguilty)さんは、バレエを習っていた先生から、辛辣とも思える言葉を投げかけられてきました。

バレエの才能はないから、バレリーナは諦めろ。

 
それでも、「好きだったから続けてた」と語る真路さん。

もとよりバレリーナになるつもりもなかったそうですが、大学生になっても、同じ教室でレッスンを受けていたといいます。

 
そして、ある日。

厳しかった先生が、口を開きました





続ける才能はあったのね、もう指導者になれるよ。

 
「言われた時、すごく嬉しかったな」

 
たとえ大きな舞台で発表される機会はなくとも…真剣に向き合った2人の努力は、これ以上ないほどに報われたのです。

 
ネットの反応

●結果は出なかったとしても、やっぱりその過程で得たものが大切だよね

●色んな才能の種類がある。そんな事実が、なんだか嬉しいですね

●好きで続けられることがある、ということ自体が財産だと思う

●好きこそ物の上手なれですな、本当に

 
なにかに熱中し、やり遂げること。

ゴールがどこにあろうと、その経験は必ず個々人の宝物になると教えてくれるような一幕でした(*´∀`*)

▶投稿本文

スポンサードリンク
               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]
あなたにオススメ [PR]