かつて宇多田ヒカルが語った『光』PVの裏話 「今思うと、本当に嫌だっただろうな」

今年でデビュー20周年を迎えた、歌手の宇多田ヒカルさん。

 
くのゐち (@ITASHIKATANASHI)さんは、そんな彼女が以前、自身の楽曲・『光』について語った「ある裏話」をふと思い出し、呟きました。

 
確かに…( ;∀;)

ちょっとした振る舞いが世間のイメージと直結してしまう人気アーティスト。その気苦労の大きさを思い知るようなエピソードです。

 
ネットの反応

●裏側は洗わないんだ…とか思いながら見てたわ

●私も皿洗いのたび思い出して、『光』が頭の中で流れます(笑) 印象に残すという意味では成功かもですね

●このツイート読むまで、宇多田ヒカルは皿洗うのがめっちゃテキトーな人だと思ってました。あのPV見たときからずっと…! 今日知れてよかった。なんか目から鱗

●サビの開始時に水を出して終わるときに止める、って言う風に徹底したPVだったのに、それに気づかない人たちが批判したりして、ファンとしてはとても悲しかった記憶がある

 
「あらぬ誤解」(笑)にも負けず音楽界のトップを走り続けてきた彼女の背中に、いま改めて、エールを送らずにはいられませんね(*´艸`*)

スポンサードリンク
               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]
あなたにオススメ [PR]