ピクサーの「完璧な陰影をつけた1セント硬貨」という言葉。その教えに大きく納得!

『ファインディング・ニモ』や『モンスターズ・インク』など、素晴らしいアニメ映画を数多く世に送り出してきたピクサー・アニメーション・スタジオ。

その制作現場で飛び交うとある「言葉」について、Rootport (@rootport)さんが紹介してくれました。

 
限られた時間内で最高の作品を生み出すためには、常に本質を見失ってはいけない。

こちらのエピソードは、スタジオの現社長であるエドウィン・キャットマル氏の著作『ピクサー流 想像するちから』(ダイヤモンド社)の中で紹介されていたとのこと。

 
老若男女問わず心を打つ作品は、こうした高いプロ意識のもとに作られているのですね!

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ
あなたにオススメ [PR]