ドイツで地名を間違い目的地から250km離れた場所に到着→渡された用紙が素敵すぎる

南ドイツの田舎町をのんびり歩くのが好きというKentaro Hara (@xharaken)さんは、あるとき、とんでもないミスをやらかしてしまいました…!

ドイツ語の「ü」と「u」を読み間違えた結果、なんと、目的地と250kmも離れた村に到着してしまったのだとか!

 
「Rothenburg」と「Rothenbürg」。見た目がほぼそっくりな地名に驚いてしまいますが、それ以上に興味深いのは、そのときに車掌さんが手渡してくれたというこちらの用紙。

cwchnz1wiaaye1c_r

cwchxvtwcaq1edm_r

 
Kentaroさんの他にも間違える旅行者が多かったためか、現在地から目的地までの日本人向け案内が、事前に用意されていたとのこと!

それも、翻訳ツールを利用したような簡素なものではなく、お礼やお詫びの言葉まで含んだ、しっかりとした日本語で文章が書かれています!

 
心温まる気遣い…。間違えたことは残念ですが、こんなに素晴らしい「お土産」を渡されたら、思わず笑顔になってしまいますね(*´ェ`*)

Twitterの反応

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ
あなたにオススメ [PR]