運転中、路上に息絶えた猫を発見。通り過ぎるも、ふいに涙が込み上げてきたので…

カナダ・ブリティッシュコロンビア州での出来事。

デニス・マクドナルドさんは豪雨の中、トラックを運転していました。その道中、轢かれて死んでしまったと思われる子猫が前方に横たわっていることに気付いたそうです。

 
かわいそうだな…と思いながらも、その横を通り過ぎたデニスさん。しかし、バックミラーで横たわった猫を見ながら、ふいに涙がこみあげてきました。

「猫はまだ死んでいないんじゃないかと、なぜか思ったんです。そしてこのまま通り過ぎたら、絶対に後悔するって…」

 
すぐさまトラックを引き返し運転席から飛び出して抱き上げると、本当に直感通り、子猫は僅かながらも息をしていたのです…!

ひどい怪我を負い、また大雨に打たれていたことで弱り切っていた猫を箱に入れ、デニスさんは動物病院へと急ぎました。

 
頭蓋骨が砕け、鼻はつぶれ、顎の位置もズレてしまっていた子猫…。

badweather (6)_R

それでも…

懸命の治療により、奇跡的に一命を取りとめることができました!

スポンサードリンク

 
治療中、猫の耳に識別番号の入墨が入っていることに気付いた獣医さん。

その番号が手掛かりとなり、無事に飼い主も判明しました!

しかし…

badweather (5)_R

 
飼い主からは、どうしても引き取りに行けない、との返事。そして、すべてをデニスさんに任せると、猫の親権を放棄してしまったのです。

 
胸が引き裂かれるような思いを感じたデニスさんは、そのまま「私が引き取ります」と、獣医さんに告げました。
badweather (4)_R

 
デニスさんにBB-8と名付けられた子猫は、その後何度も大きな手術を受けましたが、順調に回復していきました!

そして、BB-8は今、デニスさんの元で先輩猫2匹と一緒に幸せに暮らしています。

badweather (2)_R

 

「望みを捨てず、できるだけのことをしてやれば、救える命があることを知ってほしいです」

badweather (10)_R

 
雨の路上で失われかけたBB-8の命は、デニスさんに出会ったことで、そのかけがえのない輝きを取り戻したのです。

スポンサードリンク
               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]
あなたにオススメ [PR]