発掘された土器の中から850年以上前のタネが出てきたので、育ててみた結果…! 6枚

米ウィスコンシン州グリーンベイ付近のメノミニー保留地。アメリカの先住民族が所有するこの土地を発掘中に、こんな土器が発見されました。

NIaN8Jr_R

 
中を開いてみると、なんと植物のタネが!
Ge4Zqo2_R

 
そこで、見つかったタネのうち、4つを実際に植えてみることに!

その結果



こんな実がなりました(*´Д`)!!!
m9ylu2W_R

 
切ってみるとこんな感じ。
fmrWcdJ_R

 
もうお気づきですね。

その正体は、かぼちゃ!

 
このかぼちゃは、「Gete-okosomin」という品種で、なんと何世紀も前に絶滅したとされていたものでした。
nAGaQWZ_R

それもそのはず、鑑定の結果、タネは850年前のものという結果が出たようです。

現在普通に食べられている丸いかぼちゃとは違い、長細いのが特徴ですね。

 
最終的に24個収穫されたうち、一番大きいものは長さが約91センチ、重さが約8キロもあったのだとか。

hqcWpoQ_R

見つかった残りのタネはアメリカインディアン活動家のウィノナ・ラデュークさんによって、アメリカとカナダの先住民族の方たちに配られたとのこと。

850年以上も前のタネが見つかり、それが実際に育ったという、とてもロマンを感じるお話でした。

               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ
あなたにオススメ [PR]