時短勤務する先輩の残務処理に愚痴をこぼしていた女性。しかし

おすすめ記事

「自分のかけた呪いにかかっている」

そんな書き出しから、アーニー (@S0622Z)さんは以下のようなエピソードを投稿しました。

後悔の念がヒシヒシと伝わってきます。

両方の立場を経験して得た気づき

今回の件について、リプライ欄には様々なコメントが寄せられています。

想像力を働かせて他人を思いやるというのは、容易なことではありません。

今回の気づきを次に活かせるといいですね。

関連:「私は副反応あっても出社したのに…」ある社員の発言に呆れ

みんなの反応

●こういうことってあるよね。年齢が上がって初めてわかること。だから呪いだなんて思わなくていい。そのかわり、自分が若い時にしてもらってたらもっと快く受け入れられただろうなって事(コミュニケーションとか、1人だけに対応させないとか)を会社に働きかける努力はして欲しいかも

●これは「呪い」ではなく、「アップデートのチャンス」でいいんじゃないのかな。誰でも自分が置かれた立場のことしかわからないんだし、なんなら語り継いでいけば良いと思う

●反省して、行動にいかせればそれでいいよ。人の痛みを知って成長したってこと。過去には戻れない。でも、過去があるから今がある

●気づけて良かったです。今後、何も知らなかった頃のアーニーさんのような人が現れた時は教えてあげればきっと呪いは弱まりますよ!子育てしながらのお仕事お疲れ様です

考えさせられるお話に、他のユーザーからも大きな反響が寄せられていました。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ