不要な古着を途上国に送る善意の行く末は…ある呟きにハッとした

おすすめ記事

原貫太 / フリーランス国際協力師 (@kantahara)さんが投稿した、古着の寄付にまつわるツイートに注目が集まっています。

まさかの現実にショックを隠せません…。

自己満足になっていないか

原さんはさらにこう続けます。

善意で行ったことが、現地の発展の妨げになってしまっては本末転倒です。

途上国への効果的な支援の在り方について、深く考えさせられますね。

関連:貧しいにもかかわらず物乞いが存在しない国は…ハッとする話

みんなの反応

●物凄くショックです。自分が関わることの裏の裏まで調べないと自己満足どころか、害にもなってしまうんですね…

●私自身北アフリカに住んでたが、やっぱ一定層貧困層がいたので、現地では50円〜300円で(古着とは言え)服を買えるからこそ学校にも行ける、って感じでむしろ自由貿易自由経済の凄さと感じてました。逆に最低限の所得がある人は間違っても古着には手を出してなかった

●古着の倉庫へ行ったことがありますが、善意の寄付よりも企業からの新古品が多い印象を受けました。作りすぎて売れなかった物を値札がついたまま大量に出している、企業の姿勢も追求するべきではないでしょうか

●知らなかったです。今 子どもの教科書がちょうど日本のいらなくなったボロボロのランドセルをもらったアフガニスタンの子どもが喜んで助かってるという内容なんです。寄付は良い事だとちょうど学んでいるところなので、こういうお話も聞かせたほうがいいですね

ハッとする呟きに、他のユーザーからも大きな反響が寄せられていました。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ