「手のかかる子の影で…」小学校教師の言葉に深く頷いた

おすすめ記事

「学級担任として一番大切にしていること」として…

めがね旦那@小学校の先生 (@megane654321)さんは、以下のように綴りました。

本当にその通りですね。

見落としがちな視点

やるべきことをしっかりとやっている児童のほうが、先生に見てもらえない寂しさを抱えながら学校生活を送るというのは酷な話です。

手がかからないからといって、放っておいても大丈夫というわけではありません。

めがね旦那さんのように、児童へ平等に気を配ることのできる先生が増えてくれると嬉しいですね。

関連:「忘れ物した人は漢字ドリル」「頑張ったから宿題なし」は禁句。理由は…

みんなの反応

●不良たちとキャッキャ楽しそうにする先生を見ながら、地味に真面目に過ごしてましたが、一声くらいかけてくれてもいいのになと、寂しく思ってました

●少人数学級で、手のかかる子かからない子にも目が行き届くのが1番だと思います

●私も優等生タイプだった。ちょっとやんちゃな子達がなんだかんだ先生に可愛がられて腑に落ちない感覚をずっと抱いていた。社会に出てもこの傾向は少しある。できの悪いやつほどかわいい、みたいな

●真面目な人が損をしない世の中であって欲しいです

頷くばかりのお話に、他のユーザーからも大きな反響が寄せられていました。

Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ