『全盲になったら、世界が何色になるか知ってる?』ある呟きにハッとした

おすすめ記事

「全盲になったら、世界が何色になるかって、ご存知ですか?」

そんな書き出しから、浅井純子(@nofkOzrKtKUViTE)さんは、以下のような呟きを投稿しました。

「障害のある世界って、実は皆さんの想像とは違う世界なんです」

深く頷くばかりです。

貴重な経験談

聞けば、浅井さんは後天的に視力を失ったとのこと。

実際に体験しないとわからないことゆえ、意外な事実に驚かされました。

浅井さんのTwitter活動を通じて、全盲の方への理解がさらに深まると素敵ですね。

関連:障害者を乗車拒否するタクシー。その裏に、『思わぬ理由』があった

みんなの反応

●貴重なことを教えてくださってありがとうございます

●自分は…白いときもあれば、疲れているとオレンジとか赤に近い色になります。今は灰色かな?

●父親が全盲でした。こういうお話聞いてみたかったな。父親は何色だったんだろう。私は真っ暗闇にいると思ってました。教えてくださってありがとうございました

●生来の全盲の方の場合、色という概念を他人と共有できないので難しそうだけど、何らかの疾病で全盲になった方だと色とか光の概念が形成されたあとなので、世界が何色に見えるという話ができるんだなぁ。なるほど

興味深いお話に、他のユーザー達からも大きな反響が寄せられていました。

タグ
Line iconLINE
今、あなたにオススメの記事
こちらもオススメ