道端で出会った見慣れない野良猫。後に飼い主が見つかるも、「悲しい事実」が判明した

ある日のこと。

アメリカ・ニューヨークのブロンクス区に暮らすリタさんは、道端で人懐っこい猫と出会いました。

 
長らく野良猫たちを見守ってきた彼女の記憶にない、白とグレーの毛色。

保護の必要があるかもしれないと、地元の動物愛護団体に連絡を取ります。

 
スタッフのすすめで、まずは獣医に連れて行き、マイクロチップを確認することに。

 
すると、この猫は、今から10年前の2008年にマウシーという名前で登録されていることが判明しました。

 
調べてみると、もとの住所はここから3時間も離れた別の州。

早速、判明した連絡先に電話をかけますが…繋がりません。

 
その後、やっとの思いで飼い主さんの詳しい身元を特定できましたが



 
なんとマウシーの「お母さん」だったデニスさんは、2008年、39歳の若さで亡くなってしまっていたのです。

 
スタッフは藁をも掴む思いで、死亡者名簿の情報をもとにデニスさんの両親へコンタクトを試み…

 
まもなくして、音声メッセージを聞いた彼女の母親・ジョイスさんが、折返しの電話をくれました。

 
彼女によると、デニスさんは死の数ヵ月前からマウシーを飼い始めたそう。

しかし、亡くなってから旦那さんが彼と暮らすことを拒否し、そのまま消息が分からなくなってしまったといいます。

 
「きっと神様のお導きだわ!」と喜ぶジョイスさん。

 
その後、動物の輸送を請け負う別の団体が、彼らの再会に力を貸してくれる事になり



 
マウシーは無事、「おばあちゃん」の元へと辿り着くことができました。

スポンサードリンク

 
偶然にもその月は、デニスさんが亡くなってちょうど10年の節目。

ジョイスさんと家族たちは、素晴らしい奇跡に喜びを抑えることができませんでした。

 
初日こそ少し大人しかったマウシーも、今では、まるでずっとこの家に住んでいたかのようにリラックスしているそう。

私たちがリクライニングチェアに座ったら、すぐ膝の上に跳びのってくるのよ。

あなたと一緒にいられるようになって本当に幸せよって伝えたら、しっかりと私たちの話を聞いて…

『わかったよ』って答えるように身体を擦りよせてくるわ。

 
今後もし70代のジョイスさん夫婦が面倒を見られなくなっても、デニスさんの妹たちが責任を持って飼っていくとのこと。

マウシーがもう2度と寂しい想いをしないようにと、心から願ってやみません。

スポンサードリンク
               
この記事が気に入ったら友だち追加!
友だち追加
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]
あなたにオススメ [PR]