安楽死が決まった犬の「最期の散歩」を呼びかけた飼い主。まさかの光景に心が震える


イギリス・南西部に住むマーク・ウッズさんの愛犬・ウォルナットは、18歳の老犬であり重い病に苦しんでいました。

ウッズさんは、そんなウォルナットを楽にしてあげたくて、身を切る思いで安楽死を決断。そして、最期に楽しい思い出を残してあげたいと、Facebookにてこう呼びかけたのです。

 

「とっても悲しいことだけれど、ウォルナットの安楽死が11/12に行われることになりました。

9時30分から、ウォルナットが大好きなポーズビーチで、”最期の散歩”をしたいと思っています。

犬を愛する人、犬を飼っている人、友人たち……どうかみんなで、ウォルナットを祝福し、一緒に散歩をしてやってくれませんか?

彼は18年もの間、私たちを愛し続けてくれ、そして今、永遠の眠りにつこうとしています。

土曜日に、皆さんとお会いできることを楽しみにしています」

 
ウッズさんの投稿はたくさんの共感を呼び、瞬く間にシェアされていきました。

 
そして当日、ウッズさんとウォルナットが海岸にやってくると・・・

なんと海岸には、何百人という人たちが、ウォルナットの最期の散歩のために集まってくれていたのです!

cxdodm5wgaawfbt_r

 
ウォルナットは、ウッズさんに大切に抱きしめられながら、集まった仲間たちに囲まれて、大好きだったビーチをゆっくりと散歩しました。

cxdwnmvwiaazmxi_r

 
海岸に集まった人たちからは、「ウッズは本当に素晴らしいことをしたと思うよ」「この場に立ち会えたことを誇りに思う」「みんなが集まったこのシーンは、本当に感動的だった!」「みんなウォルナットを誇りに思っているよ」といった声が寄せられました。

 
そしてその日の夕方、ウッズさんはFacebookに次のように投稿。

「ウォルナットは今日の午前11時56分、私たち家族と3匹の犬が見守るなか、永遠の眠りにつきました。

私の腕の中で、安らかに亡くなりました。

私は、家族とウォルナットをサポートしてくれたすべての人々に感謝しながら、この投稿を書いています。

今朝、”最期の散歩”のために集まってくれた何百人の人々、そして、その場には来れなくてもウォルナットのことを考えてくれながら、愛するペットを散歩に連れて行った世界中の人たち。

本当にありがとうございました」

スポンサードリンク

 
そして、プレゼントされたという「詩」を紹介。

今日あなたは、とても勇敢なことをしてくれた。

おかげで、自由になることができた。

どれだけ大切に思ってくれているのかを、知ることができた。

 
ぼくがいなくなることで、あなたの優しい心を傷つけていたらごめんなさい。

でも、別れはいつか必ず訪れるもの。

 
最期の言葉が耳に届かなかったんじゃないか、優しく頭を撫でていたのがわからなかったんじゃないか…。

大丈夫、すべて伝わってるよ。

 
今日、あなたは本当に勇敢な決断を下し、ぼくを苦しみから解放してくれた。

素晴らしい一生をありがとう。

ぼくを心から愛してくれてありがとう。

14962576_10154130095570897_2716545890063454184_n_r

 
苦しみから救うためとはいえ、最愛の温もりを失う決断を下す飼い主の悲しみは、計り知れません。

そんななか、ウォルナットと海岸に集まった人たちとで作った最高の思い出や、ウォルナットの気持ちを代弁した詩は、ウッズさん一家の悲しみを癒やす手助けとなってくれるはずです。

そして、ウッズさん一家の愛情と感謝の思いは、しっかりとウォルナットに伝わったことでしょう。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]