動物の命はなぜ短い?愛犬の安楽死に立ち会った6歳の少年の「回答」に泣いた

10歳でこの世を去ったウルフハウンド犬・ベルカーと、生まれた時から彼と親友だった6歳の少年・シェーンくん。

ベルカーの最後を看取った獣医師が語る、彼ら2人のエピソードに、思わず涙がこぼれます。


獣医師として、私はベルカーの診察に訪れた。

 
その場にいたのは、飼い主のロンとその妻・リサ、さらに彼らの息子のシェーン。

彼らはみなベルカーを心から愛し、ただただ、奇跡を祈っていた。

 
しかし、診察の結果、ベルカーはガンで、余命もわずかしかないことが判明。

私は家族に、我々にできることはもう何一つ残っていないと伝え、自宅での安楽死を提案した。

 
準備を進める間、夫妻は私に、6歳のシェーンも処置の場に立ち会わせたいと言った。

彼らは、自分たちの息子に、この死から大切な何かを学んでほしいと考えていた。

 
そして、翌日。

 
その時が来て、ベルカーのもとに家族が集まるにつれ、私は、幾度となく味わってきた喉の詰まりを覚えた。

シェーンは、年老いたベルカーの身体を撫でている。

その様子があまりにも落ち着いていたので、私は彼が、これから何が起こるのかを理解していないのではないかと思った。

purpose_r

 
それから数分後、ベルカーは、安らかにこの世を去った。

幼い少年は、親友の死を、苦痛も困惑もなく受け入れている様子だった。

 
処置からしばらくたったのち、大人たちは一緒に座り、なぜ動物の命は人間よりも短いのかについて、意見を交わしていた。

 
その際、傍で話を聞いていたシェーンが、突然口を開いた。

「ぼく、なんでか知ってるよ」

 
会話を止め、私たちは彼の方を見た。

次に彼が発した言葉に、私は、大きな衝撃を受けた。

 
「ぼくらは、自分たちがどう生きればいいかを、生まれた後に勉強するんだよね。

みんなを好きでいるためには、とか、優しくするためには、とか。

だけど犬たちは、そのやり方を、生まれた時から全部知ってる。

だから、ぼくらみたいに長生きする必要がないんだよ」

 
彼はそう言った。

私は、これ以上に納得のいく説明を、今までに聞いたことがなかった。

 
例え寿命が短くとも、ベルカーは、彼にとって最良の生き方を歩んでいた。

シェーンくんは、そのことをしっかりと理解していたからこそ、心穏やかに親友を送り出すことができたのでしょう。

 
愛するペットとの別れに心を痛めている方がいたら…、彼の言葉を伝えてあげてください。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]