引っ越しで粗大ゴミと一緒に捨てられた犬。その後の行動に胸を締めつけられる


ミシガン州デトロイトのある一家は、引っ越しをするにあたって不必要なものをすべて家の前に置いて行きました。

ベッドのマットレス、ドレッサー、枕。そして…

 
ブーという名の飼い犬も。

dogabandonedoncurb-7_r

 
家族のニオイがまだ残るマットレスの上、もう帰ってくることのない飼い主さんを、ブーはずっと待ち続けていました。

dogabandonedoncurb-5_r

 
幸い、近所の方のおかげで食べ物や水に困ることはありませんでしたが、捨てられてから1ヵ月が経過しても、彼はそこを決して動こうとしなかったのです。

dogabandonedoncurb-6_r

 
そんな中、「道路で飼い主を待ち続けている犬がいる」との連絡を受け現場に駆けつけた、保護団体「Detroit Youth and Dog Rescue」の責任者、マイク・ディーゼルさん。

ブーを保護するために、まずは自分を信頼してもらうことから始めなければなりませんでした。

dogabandonedoncurb-8_r

 
まずは、ただブーの側に座り、自分の声や存在に慣れてもらうよう努めました。

硬い縁石の上、彼らは11時間も一緒に過ごしたといいます。

スポンサードリンク

 
警戒心が解け始めた午前2時頃、いったんその場を離れ、8時間後の10時に戻ってきたディーゼルさん。

その腕には、ブーの心を射止める切り札として、マクドナルドのソーセージマフィンとハッシュドポテトが入った袋が抱えられていました。

 
結果…

 
ブーは、ようやく、首輪をつけることを許してくれたのです!

dogabandonedoncurb-9_r

 
それから2人は30分ほど散歩し、さらに信頼してもらうために、道路に敷いたブランケットの上で1時間ほど一緒に過ごしました。

「お互いの気持ちをちゃんと理解し合っていることを確かめるため、私はブーと“話”をしました。私が傷つけるようなことはしないと、ブーはちゃんと分かってくれたんです」

dogabandonedoncurb-1_r

 
真摯な説得の末、ブーはついに家族との思い出の場所を離れ、マイクさんの車に乗り込むことを決心してくれました。

dogabandonedoncurb-2_r

 
その後病院で検査をしてもらうと、フィラリアに感染していることが発覚。

治療が必要だったものの、それ以外は特に問題なく、優しい性格ゆえ、ほかの犬たちともすぐに仲良くなりました。

dogabandonedoncurb-3_r

 
現在は一時的に預かってくれるご家庭、もしくは里親さんを探しているそうです。

dogabandonedoncurb-4_r

 
こんなにも家族を信頼してくれていた飼い犬を、どうしてゴミのように捨てることができたのでしょうか? 考えれば考えるほど、やり切れません。

ブーには、ぜひとも新しい家で、今まで以上の愛情や幸せを体いっぱいに感じてほしいものです。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]