がん治療中の麻央さん、術後に枕元に立った姉・麻耶さんのひと言に思わず吹き出す

現在、がん闘病中の小林麻央さん。乳がんであるとともに、肺や骨への転移も見られ、厳しい闘いを続けられているなかで、その様子を日々ブログで更新しています。

そして先日、ブログのなかで、手術を受けたことが明らかにされました。

それは、「根治治療」のための手術ではなく「局所コントロール」のための手術。肺や骨のがんは残っている状態ですが、それでも新たな一歩を踏み出せたのは、本当に嬉しい限りです。

 
そんな麻央さんの術後、お母さんと姉である小林麻耶さんが、付き添いで看病してくれたのだとか。

そのときの様子を「術後、驚いたこと」としてブログに綴られています。

o0480064013762176780_r

 
お母さんと交代して病室にやってきた麻耶さん。

姉は、
私に気を遣って、
そっとそっと動きながら、

私の枕元にやってきました。

そして、

お辞儀をしながら
ブリブリささやいたのです。

「えっと、本日担当の
小林麻耶でぇーす。
よろしくお願いしまぁす。」

スポンサードリンク

 
テレビ番組などでもおなじみのぶりっ子キャラを、麻央さんに披露!

麻央さんも、これには思わず笑ってしまいそうになったそうですが、笑うとお腹が痛すぎるので必死で無視をされたとのこと(笑)

後で、何故あんなことをしたのかと
姉に聞いたら

「看護師さんに憧れて、
やってみたかったの。」

とのことでした笑

 
ブログのコメント欄には「優しいお姉ちゃんが側にいてくれて、心強い♪」「おちゃめなぶりぶりのお姉ちゃん(^^)」「お姉さん最高です❤」などの声が続々。

辛い治療の間も、麻耶さんのチャーミングさが麻央さんの心を救っているようです!

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]