多くのお客さんに愛されてきたスーパーの看板猫。しかしある日、1本のクレームが…

イギリス・ケンブリッシャー州エリーにあるスーパーマーケット『セインズベリーズ』の人気者、ガーフィールド。赤毛で人懐っこい9歳の猫です。

garfield

 
もともとよその家に暮らしていたガーフィールドでしたが、数年前からこの店を第二の我が家のように気に入って以来、ほぼ毎日、店内の様々な場所でお客さんを出迎えてきました。

baby

grandma

girks

man

 
その後、「ミスター・セインズベリー」という愛称で呼ばれ、Facebookファンページも作られるなど、彼は人々からとても可愛がられていましたが…。

 
ある日、店内に併設された旅行会社『ヴァージントラベル』の前にある、お気に入りの赤いソファで寝ていたガーフィールドに、小さな女の子がひっかかれたという苦情が届けられます。

 
連絡を受けたヴァージントラベルの本社は、猫を店内から追い出すよう、セインズベリーズに依頼。

ヴァージントラベルの担当者はこう話します。

「ガーフィールドも、何か事情があってひっかいたに違いありません。

しかし、人間のお客様の安全が最優先です」

 
こうしてセインズベリーズはガーフィールドの入店を禁じざるを得なくなり、人々に対して、今後はロビーや駐車場で彼と接するようにしてほしいと発表しました。

 
しかし…その決定について、「たった一つのクレームで追い出すのはひどすぎる」と、店側に抗議の電話が殺到。

 
こうした状況を受けて、ガーフィールドのファンページの管理者のひとりであるティナ・バッタグリアさんは、このような投稿をアップ。

「ガーフィールドへの多くのサポートに、ただただ感謝します。

批判的なコメントより、支持的なコメントの方が多かったことが、とても嬉しいです。

ひっかかれたり、かまれたりしてしまった人、ごめんなさい。

でも、多くの人が知っている通り、それは猫からの警告なんです。

だから、彼が『触ってもいいよ』といったそぶりを見せても、どうかお腹をくすぐらないであげてください」

スポンサードリンク

 
店を訪れる人々がガーフィールドと交流する機会は、以前より少なくなってしまいました。

しかし、彼のファンページには今も数多くの写真が投稿されるなど、その人気は衰えていません。

 
そんな中、「ソファが大好きなガーフィールドに、なんとか彼専用のソファを作ってもらえないだろうか?」というお願いが、たくさんの利用客から寄せられたそうです。

セインズベリーズのスタッフは返答しました。

「私たちにとって、ガーフィールドは今もチームの大切な一員です。ぜひ作ってあげようと思います」

on-a-sofa

 
この先ガーフィールドが、以前と同様、再び店内を歩き回れるようになるかどうかはわかりません。

しかし、彼はこれからも「ミスター・セインズベリー」として、多くの人々から愛される存在であり続けるでしょう。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]