2日間も同じ車を追い続けた2万匹ものミツバチ。その理由に驚かされる

ウェールズのとある町での出来事です。

ショッピングをするため、駐車場に車をとめていたキャロル・ハワースさんが、買い物から戻ると、彼女の車にある異変が…。

 
車体後部に、謎の「大きな茶色いかたまり」が、びっしりと張り付いていたのです!

bee-swarm-jpg-662x0_q70_crop-scale_r

 
その正体はなんと、2万匹ものミツバチでした!

 
「なぜこんなにたくさんのミツバチが車に張り付いてるの…?」

何とも異様な光景に、周りにいた人たちも騒然!

通り過ぎる車は速度を落として様子を伺い、写真を撮る人たちまでいました。

 
同じくこれを目撃したトム・モーゼさんは、養蜂家に連絡。近くにはパブもあったため、酔った人がちょっかいを出して刺されることを危惧したのだそうです。

そのおかげで、ハワースさんが戻る頃にはすでに養蜂家の方が現場に到着しており、この状況は解決されたかに思えました。

 
ところが次の日…

なんとハチたちは車を追跡し、とうとうハワースさんの自宅までついてきてしまったのです!((( ;゚д゚)))

 
本人にとっては笑い事ではないこの事態に、再度養蜂家の助けを借りることにしたハワースさん。

すると、ワイパーをしまう溝の部分に、何らかの理由で引き寄せられた女王蜂がとどまっていることが分かりました。

 
なんという忠誠心…2万匹のミツバチたちは女王蜂のため、ここまで追跡してきていたのです!

スポンサードリンク

 
その後、養蜂家の方によっておてんばな女王蜂と無事再会することができたハチたち。

30年以上も業界にいるというこの養蜂家の方ですら、2日間も車がハチに追われ続けるような出来事は見たことがないとコメントしています。

 
この写真が海外掲示板Redditに投稿されると、たくさんのコメントが寄せられました。

・女王が2日間さらわれ、鋼鉄の悪魔から女王を救い出す壮大なストーリーだ

・この車のオーナーは、ハチに覆われた車を2日間も運転してたってことになるよね

・↑冗談じゃないよ! そりゃ仕事とか行かなきゃだけど、マジで? 自分なら絶対無理だ

・↑「あの…今日仕事行けません。いや、具合が悪いわけじゃないんです。ハチに囲まれてて、本当に無理なんです。いや、とりあえず外を見てくださいよ。分かったでしょ?」

 
たった1匹の女王蜂のために全員がこんなにも献身的な行動をとるなんて…。

ギョッとすると同時に、自然の神秘に驚かされます。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]