女子卓球、退場となるも場外から声援を送る石川選手の姿が「かわいい」と話題に

8月15日に行われたリオオリンピック卓球、女子団体準決勝・日本vsドイツにて、ある珍事が起こりました。

2-2でもつれ込んだ最終戦、福原愛選手vsイン・ハン選手の試合中、応援席にいた石川佳純選手がレッドカードを受け、退場を命じられてしまったのです。

 
どうやら、石川選手が福原選手に向けて送った「がんばれ!」という声援が、審判員に反則である「試合中の選手へのアドバイス」ととられてしまった様子。

石川選手は監視役の審判員に付き添われ、ベンチから連れ出されてしまいました。

 
しかし、彼女は…

ping1_R

ping2_R

 
監視役の審判員と笑顔を交わしつつ、むしろ「やっと思いっきり声を出せる!」といった感じで、場外から一生懸命、福原選手を応援し続けていました!

その様子はどこか、微笑ましさも感じさせますね(*´▽`*)

 
結果としては、最終セットまでもつれ込んだものの、福原選手が惜しくも負けてしまい、決勝進出はなりませんでした。

しかし、NHKにて放送されたこの試合を見ていた人々からは、全力で戦った選手たちに対する労いの言葉が、たくさん寄せられていました!

 
まもなく行われる3位決定戦。気持ちを一つに、彼女たちはメダル獲得へ突き進みます!

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]