原爆資料館にある「一部の写真」の展示が取り止めに。理由に考えさせられる

広島の原爆資料館には、当時の様子が克明に記録されています。

戦争とは、原爆投下とはどのような出来事だったのか。それによって人々はどうなったのか。写真を見ると当時の様子が鮮明に伝わり、胸が締め付けられるとともに、深く考えさせられます。

hiroshima

 
そんな原爆資料館について、いまとある動きがあるようです。ツイートの内容によると・・・

 
衝撃的な写真の数々に、小学生たちがショックを受けて眠れなくなるとのこと。それゆえ、写真の展示を一部取りやめるということなのです。

投稿主さんは「眠れないほど恐ろしいという認識を持たせるための資料館。展示は続けるべき」とツイート。この意見に、さまざまなコメントが寄せられています。

スポンサードリンク

 
■展示をやめる必要はない。現実をきちんと知ってほしい。

 
■一方で、子どもたちの成長に関わるという意見も。

 
■トラウマになってしまうかもしれないけれど、展示は続けるべき。

 
さまざまな意見がありますが、この問題について真摯に考えること自体も、意義のあることのように感じます。

今後、原爆資料館は、どのような方向に進んで行くのでしょうか。

Twitterの反応

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]