触れるだけで火傷のようになる「やけど虫」。夏に全国に出現するこの虫の対処法

やけど虫ってご存知ですか? 6〜8月に特に多く発生する虫で、触るだけでも火傷のような痕ができるこの虫。身近な場所で見かけられることが多く、知らずに触ってしまうと大変危険です。

現在、九州で被害が拡大しているということで、nonakaRikuto (@jQdVh6UHKJiOYdV)さんが、注意を呼びかけています。

 
なんと失明の恐れもあるのだとか…!

やけど虫とは、正式名称「アオバアリガタハネカクシ」、体長が6〜7mmのとても小さくて細い虫です。アリのような形をしており、頭と後胸は黒、前胸と中胸はオレンジ色をしています。

スポンサードリンク

 
アース製薬のHPによると、もし腕などに止まった場合には、叩かずにそっと払いのけるのがいちばんの対処法なのだとか。

この虫の被害は、卵、幼虫、蛹、成虫のいずれも「ペデリン」という有害物質を体内に持っていて、人に止まったときに払い落としたりすると、体液が糸のように付着し、そこが数時間後に発赤し、水疱(線状皮膚炎)になります。火傷の痕のようになることから、「やけど虫」とも呼ばれます。眼に入ると、様々な眼の炎症を引き起こします。もし皮膚に止まったら叩かず、そっと払いのけてください。
出典:アース害虫駆除なんでも事典

 
■また、直接手で触らないのも大事

しかし屋内に侵入した場合には、直接、素手で触らないように注意して屋外に摘み出すか、速やかに殺虫します。虫の死骸や分泌物にも有毒成分が含まれていますので、注意して処分します。
出典:イカリ消毒オンラインショップ

 
■もしやけど虫を触ってしまったら?

もし、虫体に触れたり、体液が皮膚に付いた場合には、すぐに水でよく洗浄します。皮膚に水ぶくれができてしまったら、やけどと同じ様な処置をとります。
出典:イカリ消毒オンラインショップ

 
オレンジと黒の小さな虫を見つけたら、まずは触れないように気をつけ、適切な対処を行ってください!

Twitterの反応

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]