保護施設で見た悲惨な250匹の犬。引き取る犬を選べなかった女性の決断とは…

カナダ・オンタリオ州の保護シェルター「Dog Tales Rescue Sanctuary」の共同創設者であるダニエル・エデンさんは、これまで世界中の数多くのシェルターを訪ね、過酷な環境にいる犬たちを連れ出して来ました。

そして今年1月のこと。イスラエルにあるシェルターに向かったエデンさんは、驚くべき光景に出会います。
entshel1 (1)_R

 
70匹ほどが収まるであろうスペースに、なんと250匹以上もの犬がぎゅうぎゅうに詰め込まれていました。それも彼らの数を超える、大量のネズミやその死骸と一緒に…。
entshel1 (3)_R

 
パンが投げ込まれれば文字通り争奪戦。どの子も悲惨な状況に置かれていました。
entshel1 (4)_R

 
ダニエルさんは思いました。

「この犬たちの中から一匹を選ぶことなんて、自分にはできない」
entshel1 (2)_R

 
そして、1つの決断を下します。

彼女は、このシェルターにいる犬たちを、すべて連れて帰ることにしたのです

 
一度に移動させることは不可能なため、2ヶ月をかけ、ひとまずイスラエル内の別の場所に90匹を移動させ、別の25匹をオンタリオのシェルターに移動することに。
entshel1 (6)_R

entshel1 (5)_R

 
まだ150匹がイスラエルのシェルターに残っていますが、急を要する健康上の問題については獣医さんに対応してもらいつつ、少しでも彼らの負担を減らせるよう、シェルターの環境改善作業も進めているそうです。

スポンサードリンク

 
最終的な目標は、イスラエルに残っている犬たちをカナダに連れて行き、里親を見つけること。

先に到着した25匹の半分以上はすでに里親が見つかっており、計画は幸先の良いスタートを切っているそうです。
entshel1 (7)_R
entshel1 (8)_R

 
たくさんの愛情を受けながら、毎日お腹いっぱいごはんを食べられる。
ダニエルさんが保護したすべての犬たちに、一刻も早く、そうした幸せな日々が訪れることを祈ります。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]