変顔で有名になったネコのベスト3

世にも珍しい変顔ネコのベスト3。変顔なのにかわいいからズルい。

3位 グランピーキャット

グランピーというのは「不機嫌な」という意味で、常に不機嫌そうな顔をしていることから名付けられました。
飼い主がアメリカの掲示板redditに投稿したことで人気に火が付き、2013年には現地の雑誌やCMにも取り上げられたようです。

グランピーキャット (2)

 
遊んでいる時も、この表情を一切崩しません。

グランピーキャット (1)

2位 スヌーピーベイブ

こちらは中国・四川省出身のスヌーピーベイブ。とても愛くるしい、なんか笑える表情をしています。
2013年に日本のテレビにも取り上げられていたようなので、見たことがある人もいるかもしれません。

スヌーピーベイブ (2)

 
アメリカンショートヘアーとペルシャ猫のミックスらしいのですが、その組み合わせでこんな顔になることは、めったに無いんじゃないでしょうか。

スヌーピーベイブ (1)

1位 パーマネントリーサッドキャット

パーマネントリーサッドキャット=永遠に悲しいネコ と呼ばれているこちらのネコは、つい先日2014年の7月初旬にアメリカの掲示板redditに投稿され、瞬く間に人気者になったネコです。

世界一悲しい顔のネコ (2)

 
悲しそうな表情を見ていると、なんとかしてあげたくなりますね…うぅぅ(´;ω;`)

世界一悲しい顔のネコ (1)

癒やされたらシェア(*´ェ`*)

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]