「知らないということが後悔につながった」実体験をもとにした漫画に大反響

イラストレーターのぷちめい (@puchimei333)さんが実体験をもとに描いた漫画。

「知らないということが後悔へ繋がった」というその内容に、大きな反響の声が巻き起こっています。

Cm96gj4VUAE8dwA_R

Cm96gj-UkAALGYZ_R

Cm96gkDUMAAXuQz_R

Cm96gpgVMAEEOW7_R

スポンサードリンク

 
男性が付けていたのは、東京都で配られている「ヘルプマーク」と呼ばれるもの。

義足、内臓疾患、人工関節、難病、妊娠初期など…。外から見ただけではわからないさまざまなハンディキャップを持つ方が、援助が必要だということを知ってもらうために付けるものです。

 
ぷちめいさんの漫画で描かれていたように、ヘルプマークの認知度はまだまだ低く、実際に付けている方からも・・・

 
この作品をきっかけに、少しでも多くの方々へマークの意味が広まることを願います。

Twitterの反応

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]