帝王切開手術の後、死の淵に立った女性。最後の望みに生後まもない娘を抱かせると…

ある日の明け方、アメリカ・ノースカロライナ州在住の女性、シェリー・コーリーさんが病院に運ばれてきました。

mom_R

 
彼女は数時間前、緊急の帝王切開手術で赤ちゃんを出産し、そこから昏睡状態に陥っていました。

集中治療室に運ばれたものの、血圧は極端に下がっており、大変危険な状態…。医師たちは、彼らが「最後の望み」と呼ぶ人工呼吸器に彼女をつなぎましたが、それでも容体は悪化する一方でした。

そばにいた夫のジェレミーさんは、当時の様子をこう振り返ります。

「ドクターたちは手を尽くしました。僕らはあの時点で、すでにシェリーを失いかけていることに気が付いていたんです」

 
そして医師は、ある提案をしました。

「もうダメだと思ったとき、ドクターと看護士が、生まれたばかりの僕らの赤ちゃんの服を脱がせて、シェリーに抱かせるよう言いました。彼らは、シェリーが赤ちゃんの匂いを嗅ぎ、赤ちゃんの肌に触れ、赤ちゃんの音を聞くことで、たとえ昏睡状態であっても、彼女は『闘う理由』を取り戻すだろうと、そう言ったんです」

 
生後数時間の赤ちゃんに対するシェリーさんの「母性」だけが、彼らにとって、たったひとつ残された希望でした。

「僕は、シェリーの胸に赤ちゃんを寝かせ、その身体を、つねったりくすぐったりしました。赤ちゃんの泣き声を、彼女に聞かせてやろうとしたんです」

 
そして、赤ちゃんが泣き声をあげたとき



なんとシェリーさんの心拍が、急激に回復を始めたのです!

「心電図に命の光が灯ったのを見ました。赤ちゃんの泣き声が、再びシェリーに闘う力を与えたんです! そして思いました、僕の妻が戻ってきたんだって!」

 
それから一週間後、シェリーさんは完全に昏睡状態から回復。初めてしっかりと意識をもち、赤ちゃんと向き合うことができました。
mom2_R

 
彼女はその時の感動を、こう振り返ります。

「不思議な感覚だったわ。夢と現実のはざまにいるようだった。でも、これだけは覚えてる。彼女の顔をみて、ああ、なんて美しいのかしらって思ったの。一週間眠っていた間のことはわからないけど、私にとってはそれが娘との初めての対面で、そして、とにかく、圧倒されたの」

スポンサードリンク

 
その後、赤ちゃんをリリアンと名付けたシェリーさんとジェレミーさん。あれから2年近くたった今は、息子さんも含め、一家4人で幸せに暮らしています。

mom4_R

 
死の淵から我が子への愛で息を吹き返したシェリーさん。「母性」の偉大さを感じずにはいられない、なんとも神秘的な出来事でした。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]