末期がんの母の夢はボン・ジョヴィに会うこと。娘が母の写真をシェアすると…

米国ニュージャージー州に住むキャロル・チェザーレオさんは、末期の肺がんと闘っています。

抗がん剤や緩和ケア、症状コントロールのための放射線治療など、辛い治療に耐えながら闘病生活を送るキャロルさん。そんな姿を見ていた娘さんのひとり、ロージーさんは、お母さんを励ましてあげたいと、ひとつのアイデアを思い付きました。

それは、キャロルさんが長年追いかけているバンド「ボン・ジョヴィ」のボーカリスト、ジョン・ボン・ジョヴィに直接会わせてあげること。

Bon Joviさん(@bonjovi)が投稿した写真

 
しかし、もちろん一般人が超人気のロックスターと直接対面することなど、夢のまた夢です。

そこでロージーさんは、すがるような思いで、なんとかボン・ジョヴィ関係者の目に触れるようにと、「シェアしてください。そうすれば、ボン・ジョヴィに会えるかも」というサインを持ったキャロルさんの写真をFacebookに投稿しました。
meethim_R

 
すると、天が母を想う娘の気持ちに味方したのか、ひとつの奇跡が起こりました。なんとこの投稿から1時間もしないうちに、ロージーさんのもとにボン・ジョヴィ関係者から連絡があったのです!

その後ロージーさんと関係者の二者間で、キャロルさんにサプライズを仕掛ける作戦が進められていきました。

 
そしてサプライズ決行当日、ジョン・ボン・ジョヴィさんがオーナーを務める非営利コミュニティ・レストラン「JBJ Soul Kitchen」に招待されたキャロルさん。

「私は、母に嘘をつきました。『ジョン・ボン・ジョヴィがオーナーを務めるレストランに手紙を書いたのだけど、本人にファンレターは届かないそうなの。でも、無料の食事に招待された』と言って」

 
驚きのあまり声をあげるキャロルさんの様子を、ぜひ動画でごらんください!

The surprise! Shell Cesario Alexina Tindall Richard W. Skripkunis Mike Cesario

Rosie Skripkunisさんの投稿 2016年6月25日

動画のキャプチャ画像
テーブルに座るキャロルさんの背後から現れたのは、なんとジョン・ボン・ジョヴィさん本人です!
bonjovi_R

 
憧れのロックスターを前に大興奮のキャロルさん、ハグをしてもらって感激。
bonjovi2_R

 
頬にもキスをされると、目に涙をためながら喜んでいました。
kissing_R

 
ジョンさんは、その日、2時間ほどキャロルさんのために過ごしてくれたそうです。サイン入りギターや本も贈られました!
guitar_R

 
さらにキャロルさんは、ボン・ジョヴィのリリース前のニューアルバム『This House is Not For Sale』を、一個人として初めて聴かせてもらったとのこと!
listen_R

「母はその日の夜、彼がくれた本を抱いて眠っていたわ」

iloveyoubonjovi_R

 
末期がんと闘うキャロルさんにとって、若いころから大好きだったジョンさんに会えたことは、大きな希望となったに違いありません!

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]