売れ残りの片目がない子犬を連れて帰るという子ども。理由に父親はハッとさせられた


アメリカ・テキサス州ジョージタウン在住で、6歳と8歳のお子さんを持つジョーダン・トレントさん(32歳)。

ある日、子供たちとマーケットを訪れると、男性が子犬を売っていました。

見れば、子犬たちはみな同じ親から生まれた兄弟だったようですが、その中で1匹の子犬だけが売れ残っていたそうです。
georgetown (4)_R

 
犬を飼うつもりなんて全くなかったジョーダンさん。しかし、この子犬を見た子どもたちは叫びました。

「パパ! この子犬は私たちが家に連れて帰らなきゃ!」

georgetown (3)_R

「だって、この子犬は、パパみたいに片目が見えないの!」

生まれつきなのか、理由は分かりませんでしたが、売れ残っていた子犬は外見からもわかるように、片目がつぶれていました。

そして、ジョーダンさんも、片方の目が見えていなかったのです。
georgetown (2)_R

 
15歳のころ、庭の芝刈りをしている最中の事故で片目の視力を失ってしまったというジョーダンさん。以来、手術を4度ほど受けたものの、彼の視力が戻ることはありませんでした。

「子どもたちに言われてハッとしました。そしてその犬を抱き上げてみたら、こんなに可愛い犬はいないと思ったんです」

 
ジョーダンさんは、この子犬を見た瞬間、彼と一緒に暮らす運命を感じたと言います。

「誰もこの子犬を飼いたいと思っていなかった。こんなに完璧なのに」

georgetown (5)_R

 
一家は、この子犬を飼うことに決めました。

名前は、ジョーダンさんの大好きなテキサスビール「シャイナー」と、子どもたちの好きなスターウォーズのキャラクターであるハン・ソロの「ソロ」にちなんで、シャイナー・ソロ・トレントに決定。

「見てくれがどうとか、体が不自由だとか、目がいくつあるとか、そんなこと関係ない。どんな動物だって、愛情をもって大切にしてやる必要があるんです」

georgetown (1)_R

スポンサードリンク

 
引き取った時はとても小さかったシャイナー・ソロも、ジョーダンさん一家に惜しみない愛情を与えられ、大きく成長しました。

@shiner_soloが投稿した写真

@shiner_soloが投稿した写真

 
片目がつぶれていたために、さみしい思いをしていたシャイナー・ソロ。

彼は今、同じハンデキャップを抱える優しいジョーダンさんと一緒に、幸せな日々を送っています。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]