便座の上に立つ3歳の女の子。その「遊び」の意味を聞いた母は言葉を失った


アメリカ・ミシガン州在住のステイシー・ウェアマン・フィーリーさんがFacebookに投稿した一枚の写真が、注目を集めています。

13432375_10209969488217724_3829679708110977328_n_R

 
写真に写っているのは、ステイシーさんの娘さん。

3歳の彼女は、何故か便座の上に立ち、じっと口をつぐんでいました。

最初は娘の姿が面白くて、夫に送ろうと思い、この写真を撮ったんです。

 
彼女に、一体何の遊びをしているのかと尋ねたステイシーさん。そこで返ってきた答えは、あまりにも衝撃的なものでした。

彼女が何をしているのか教えてくれたとき、私は崩れ落ちました。

娘は、幼稚園で習ったロックダウン・ドリル(不審者からの避難訓練)の内容を復習していて、この写真に写っているのは「トイレまで追い詰められたときにやるべきこと」だったんです。

その瞬間、まだ3歳のこの子を包んでいたはずの純真さが、跡形もなく消えてしまったように感じてしまいました。

 
母親が「遊び」だと思っていた幼い娘の行動。それは、犯罪者から自分自身の命を守るための大切な「練習」でした。

スポンサードリンク

 
ステイシーさんは続けます。

政治家の方々、見てください。これはあなたの子どもです。あなたの息子や娘であり、孫であり、ひ孫であり、来るべき未来の世代です。この子たちは、あなた方の決定に沿ってつくられる世界の中で生き、成長していくのです。

彼らはたった3歳です。そしていずれ、トイレの個室に隠れ、便座の上に立つことになるでしょう。彼らにとって、これ以上大変なことはありません――いつ終わるかもわからないまま声を殺しながら、ドアの下の隙間から足を見られないよう、バランスを取り続けなければならないのです。

私自身も、彼らのためにまず今何を行うべきなのか、その答えを知っているどころか、手掛かりすらもつかめていません。それでも、あなた方の子供たちが便座の上に立つ姿を見たくないのであれば、我々は「何か」をしなければいけないのです。ともに考えましょう。

 
愛すべき子どもたちを守るために、私たちは何をするべきなのか。

この写真が投げかける問いを、「アメリカだけの問題」だと捉える方はいないと思います。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]