亡くなった愛犬の遺灰を、最後にいつもの公園で撒いてあげると…!奇跡に心が震える

アメリカ・シカゴで暮らすアシュリー・ラングさんは、愛犬・ゴールデンレトリバーのワグナーと幸せに暮らしていました。
owner_spreads_dogs_ashes_2_R

 
休日にはワグナーと公園に散歩に行ったり、湖のほとりでリラックスしたりと、かけがえのないひと時を過ごす日々。
owner_spreads_dogs_ashes_0_R

 
しかし、そんな毎日にも終わりが…。

ワグナーが12歳になったある日、老衰のため息を引き取ってしまったのです。
owner_spreads_dogs_ashes_1_R

 
ワグナーの死を悼み、「最後に何か特別なことをしてあげたい」と思ったアシュリーさん。

いつも一緒に遊んでいた公園でワグナーの遺灰を撒いてあげることにしました。

 
友人がその様子を残そうと、カメラを構えるなか・・・

アシュリーさんが遺灰を撒くと・・・!
owner_spreads_dogs_ashes_6-1_R

そこに写ったのは・・・ワグナー!?

まるで、遺灰がワグナーの姿となってアシュリーさんにじゃれついているようです!

スポンサードリンク

 
「最後にもう一回遊ぼう!」
owner_spreads_dogs_ashes_7_R

「とても驚いたわ…あの尻尾も足も、飛び上がるときのワグナーのようだったから」

ワグナーが天国へ行く前に、もう一度アシュリーさんに会いに来てくれたのかもしれませんね。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]