会社の前の野良ネコにご飯をあげ始めてから1年。ついにここまできました 13枚

海外のあるワイン会社の裏に、1匹の野良ネコが現れるようになりました。

ネコに気付いた社員さんたちは、誰からともなく食べ物をあげるように。いつからかネコはサーシャと呼ばれるようになりました。
980x_R

 
そのころのサーシャは、まだ小さな灰色の子猫でした。社員さんが近づいて撫でようとしても、物陰に隠れて出てこなかったそうです。

ただし、ご飯の時間だけは別。

「サーシャは茂みに隠れてこちらをうかがっているの。でも、お皿にご飯を用意し始めると、茂みから出てくるのよ」 社員のキャロラインさんはその頃のことをそう教えてくれました。
980x_001_R

 
社員さんたちは、毎日サーシャにご飯を与えて、仲良くなろうと躍起に。

そのおかげで、サーシャは会社の窓に近寄ると、「人間は何をやっているのかにゃ?」とばかりに、オフィスを覗き込むようになったそうです。

 
こうなってくると、さらに好奇心が湧いてくるのがネコの習性!

今度は、社内見学をしたそうに、オフィスのドアの前に佇むようになりました。
980x_003_R

 
サーシャのために、社員さんがドアを開けっ放しにしてみます。

けれども、ドア付近に座り込み、なかなかオフィスに入ってきません。

まだ、少し躊躇しているのか、遠くから人間の行動を眺め続けているサーシャ。
980x_002_R

 
見かねた社員さんが、庭にキャットタワーを置いてみました。

すると、サーシャは、すぐに気に入って遊び始めました。
980x_004_R

 
遊び疲れると、木陰でお昼寝するサーシャ。

会社のドアを越えられる日はやってくるのでしょうか!?
980x_005_R

 
そして、社員一同、待ちに待ったその日がついにやってきました!

「今まで一切オフィスに入ろうとしなかったサーシャが、やっとオフィスに入ってきたのよ」キャロラインさんは、今でも興奮気味にその日のことを思い出します。

「どうやら、みんないい人だにゃ。このなかで、みんなと触れ合いたいにゃ」サーシャが自ら心を開き、この会社への「入社」を決めたのです!

 
初めのうちは、社員さんの仕事の邪魔をしないように、遠慮がちに足元に寄り添っていたサーシャ。
980x_006_R

まだ初々しい「新入社員」さんの頃です。

 
まさに借りてきた猫のように、くるんと丸くなって静かにしています。
980x_007_R

 
でもだんだん慣れてくると…。

受付では看板猫のようにふるまい…
980x_008_R

 
いや、むしろ看板猫の仕事すら放棄(笑)
980x_010_R

 
さらには、仕事中でもお構いなしに、社員さんの肩によじ登るように(笑)!
980x_009_R

 
「最初は私たちを警戒してか、距離をとっていたサーシャも、今ではオフィス内を我がもの顔で練り歩いて、私たちにひっついてくるのです」と、社員さんたちは嬉しい限りのようです。

スポンサードリンク

 
サーシャには専用のイスだって用意されています!
980x_011_R

 
「野良ネコだったサーシャにご飯をあげ始めたのは、1年前。今では、社員みんなの家族のような存在になりました!」
980x_012_R

オフィスでみんなから可愛がられているサーシャ。

そんな会社ネコ・サーシャの一番の「仕事」は、社員さんに癒しを与えることなのです!

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]