その発想はなかった(笑)!日本の伝統文様を見た中学2年生の反応が今風すぎる

「唐草文様」は、伸びていくツタを生命力の象徴として一族の繁栄や長寿を意味する、という風に、日本の伝統文様には意味が込められています。

そんな授業で、中学2年生に伝統文様を見せたところ、現代っ子らしい反応が返ってきたと、MER (@MathEdr)さんが紹介し話題になっています。

そうきましたか(笑)!

こちらは「青海波(せいがいは)」と呼ばれ、扇状に描き表した波に、「大海原に繰り返される穏やかな波のように平穏な暮らしがいつまでも続くように」という願いが込められた文様です。

ところが現代っ子に言わせると、これが大量のWi-Fiに! うん・・・確かに、Wi-Fiに見えてきました\(^o^)/

 
というか、すでにWi-Fiマークとして利用されたデザインもあるようです!

こちらは外国人観光客に向けた、飛騨高山の公衆無線LANサービス。「伝統の柄」と「Wi-Fiマーク」を合わせた、とてもセンスの良いデザインとなっています!

スポンサードリンク

 
Twitterでは、ジェネレーションギャップを感じた人々からのコメントが相次いでいます。

現代っ子ならではのイマジネーション。そこから生まれる次の時代のデザインはどんなものになるのでしょうか!

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]