やばい!人間の血にヘビの毒を一滴垂らしてみたらこうなった

ヘビの毒の怖さが一目でわかる実験です。

実験に使われているヘビは、インド四大毒蛇の一つとして知られる「ラッセルクサリヘビ」。その毒はとても強力で、大きいものは簡単に致死量の毒を出すことができる。助かったとしても後遺症が残る場合が多く、手足の切断につながることも少なくない。噛まれた際の症状としては、血液凝固による出血障害の他に、急性腎不全、まぶたの腫れ、発話困難、全身の脱力感などがある。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]