なぜか常に息子の右側にいようとする愛犬。気になって病院に連れて行ったところ…

イギリス在住のキャノン夫婦。息子のマークくんと飼い犬のアルフィーは同じ5歳で、毎日をともに感じながら成長してきました。
ad_198377342_R

 
そんなあるとき、外で歩いているときや、家の中でくつろいでいるときに、アルフィーがマークくんの右側にいようとすることが頻発しました。

左側を歩かせてみても、気づいたら右側に戻っているアルフィー。
ad_198377153_R

その行動を不思議に思った両親は、マークくんを病院に連れて行くことに。学校の視力検査で、軽い乱視という結果が出ていたのですが、さらに精密な検査をしてもらうことにしたのです。

 
精密検査の結果マークくんの右目は・・・なんと、これ以上放っておいていたら完全に視力を失うという状態でした。

いつもマークの右にいたアルフィーは、まるで盲導犬のように、ほとんど見えていない右目の補助をしてくれていたのです。
ad_198378485_R

もしアルフィーがいなければ、マークくんの目は失明してしまうところでした。

スポンサードリンク

 
マークくんに一番近いところで、たくさんの愛情を持って接してくれていたからこそ、その異常に気づくことができたし、あのような行動を取ってくれたのでしょう。アルフィーの深い愛情に胸が熱くなります。
mercury-press_R

今でも治療は続いていますが、マークくんの右目の視力は徐々に回復してきており、元気にサッカーができるまでになったそうです。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]