妊娠中いつも飼い主のお腹を守っていた猫。赤ちゃんが生まれると…! 7枚


一緒に眠ったり、くっついたりと、飼い主さんのことが大好きな2歳のタキシード猫のパンダ。

やがて、飼い主さんが妊娠すると、いつでも後を着いて来るようになり、お腹の上に頭を押し付けるようになったそうです。
pandac (6)_R

 
まるでお腹の中の赤ちゃんを守るかのうようなパンダの行動。赤ちゃんが生まれてくるまでの9ヶ月間、欠かすこと無く毎日こうしていました。
pandac (2)_R
pandac (3)_R

 
そしてついに、パンダも待ち望んでいた赤ちゃんが誕生!
pandac (4)_R

 
始めは少し困惑気味だったパンダでしたが、くんくんと匂いを嗅ぐと体をすり寄せるようになりました。
pandac (5)_R

お腹の中にいたのはこの子だったのだと、感覚でわかったのでしょうか。

 
飼い主さんのお腹にしていたようにべったり!
pandac (1)_R

大好きニャンだ~!

スポンサードリンク

 
赤ちゃんのベッドを守ってくれるだけでなく、夜泣きのときには飼い主さんを起こしに来てくれるなど、赤ちゃんが安心できるよう側にいてあげるパンダ。

それに習ってか、もう1匹の猫も赤ちゃんを大切にしてくれているそうです。
pandac (7)_R

優しいお兄ちゃんが2匹もいて羨ましい限りです。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]