厚切りジェイソンの『部下の遅刻に悩む上司』への回答が目からウロコ

厚切りジェイソン (@atsugirijason)さんの『遅刻に対する意見』が話題になっています。

IT企業の取締役でありながら芸人をしている厚切りジェイソンさん。

アメリカ式の効率的な考え方で、サッパリとした回答をくれる彼のTwitterには、さまざまな『相談』が寄せられています。

そして、今回はこんな相談が…

部下が、業務に支障が出るほどではないが、出勤時刻に遅れる。直らなくて困っている。

 
これに対する回答は、日本人の目を覚まさせてくれるようなものでした。

日本はスタート時間に厳しいのに、エンド時間にルーズなのはホワイジャパニーズピープルやわ!

これは、ごもっとも! 業務に支障がない遅刻には問題が無いという考え方。

遅刻には厳しいのに、就業時間が守られないのは、確かに納得がいきません。

 
そして、ジェイソンさんはこう続けます。

「遅刻はいけない」というルールがあるから遅刻してはいけないというなら、そのルールができた理由は? ルールは目的を達成するための手段なのに、いつの間にかルールを守ることが目的になっているケースが多々あります。

「納得がいく理由を説明してあげれば、守る人は増えるでしょう。」というジェイソンさん。

スポンサードリンク

 
Twitterでは…

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]