目に病を持つ子猫を拾ったら、ウチの犬と猫が優しくしてくれた 9枚


車の下から、ミャーミャーと助けを求める声を聞いた男性。屈んで覗き込むと、ひっつき虫(植物の種子)に顔を覆われ、両目が閉じた状態の子猫がいました。

すぐさまその子猫を抱きかかえた男性は、家に連れて帰って体中をきれいにしてあげました。

さらには、目を擦らないように首にエリザベスカラーを装着。
02-Day-2_R

 
シリンジ(注射器)でご飯を与えると、お腹がいっぱいになった子猫は、やっと助かった実感が湧いてきたのか、幸せそうな顔付きになったそうです。
03-Day-3_R

子猫はスキントと名付けられました。

 
すると、そこへ一家の飼い犬であるサディが登場。

スキントの状況をチェックすると・・・
04-Day-3_R

 
「もう大丈夫だよ。早く元気になってね。」と、優しい表情でスキントの側に寄り添ってくれました。
05-Day-3_R

 
続いて、先住猫のメイビーにも紹介しました。

スキントを心配してか、すぐに仲良くしてくれたメイビー。

次第に、まるで師匠と弟子のような関係になっていったのだとか(笑)
09-Hanging-with-the-Maybe-cat_R

 
この間も男性は、24時間体制でご飯をあげ見守ってきました。そして数日後、ついにスキントは自分でご飯が食べられるように。

目の治療も続け、右目はすっかり健康になりました。しかし、左目の傷が治りません。

スポンサードリンク

 
そして、保護してから数ヶ月後、左目に深刻な問題があることが発覚しました。なんと続発性緑内障により、眼球が広がり始めていたのです…。

痛みを無くすため、手術で眼球を取り除くことになりました。
10-Playing-with-her-mouse_R

 
手術は無事成功。心配したサディーが会いに来てくれています。
13-Post-surgery_R

 
2週間後、手術の跡はほとんど回復しました。
14-2-weeks-after-surgery_R

 
残念ながら左目を失ってしまったスキントでしたが、頼りになる飼い主さんと、優しい仲間たちに囲まれて、毎日幸せに暮らしています!
15-5-months-old_R

途中で投げずに、どこまでも面倒を見てくれる飼い主さんと出会えて、本当に良かったね!

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]