嵐の夜、裏口に子猫が。心を開いてくれるまで1時間以上待ち続けた結果 14枚

ある冷たい嵐の夜、裏口で猫の鳴き声がするのを聞いたカップル。急いで駆けつけると、そこにはびっしょりと濡れながらも、「ミャー」と助けを求める1匹の子猫がいました。

vWk21QQ_R

 
助けを必要としているものの、人間の登場に驚いて姿を隠してしまった子猫。

2人はキャットフードを地面に置いて、呼びかけながら待ち続けました。

 
そして、1時間と少し・・・

ついに子猫は心を開いて出てきてくれました。
biWTCsL_R

 
家の中へ入れてあげ、濡れて凍える体を拭いてあげた女性。
wdUFBpi_R

その間に男性が、家の周りを捜索しましたが、ほかの子猫や母猫の姿は見当たりませんでした。

 
子猫には、ブランケットと寂しくないようにぬいぐるみを用意してあげました。
bhw5T77_R

 
1時間以上待ち続けたことで、2人を完全に信用してくれた様子の子猫。

たっぷりとご飯を食べてくれただけではなく、
rEnFtwu_R

 
なんと、体の上に寝転がってくれるほど、気を許してくれたのです。
ZucUXKe_R

 
体もきれいに洗ってあげて、もうノミはいません!
kbdmiak_R
L7UaRPT_R

 
命名「ストーミー」
AjStiZy_R

 
そのまま家族にしてもらったストーミー。

「この子のことがたまらなく大好きなの。」優しい2人は熱く語ります。
778kkcl_R
VGWjKpU_R
txjYtUq_R

 
仲良くお昼寝中~。
JgW6fN9_R

スポンサードリンク

 
物でも人でも、何かに登るのが大好きなストーミー。

 
愛情をいっぱいに受け、すくすくと美猫に成長しています!
xnEWHKC_R

「この人たちならきっと助けてくれる。」もしかすると、そんな猫の第6感が働いたのかもしれません。

優しい2人に助けてもらえて良かったね!

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]