これでOK!3つの質問で断捨離は成功する

断捨離をすれば身の回りだけでなく心もスッキリ。断捨離を成功させるポイントをまとめました。

▶断捨離とは

日本で断捨離の知名度を上げた、やましたひでこさん曰く、
断捨離とは、単にモノをたくさん捨てることではなく、『軸のずれたモノ』を取り除いていくモノの絞り込みのことを言うとのこと。具体的には以下の様な、軸の修正が目的になる。

1.過去への執着や未来への不安に縛られてモノを取っておいてしまう人の場合は、時間軸を「今」に戻す。
2.人にもらったモノや、自分は使わないけれど何かに使えるモノを捨てられない人の場合は、他人軸を自分軸に戻す。

軸のずれたモノは本来、不要で不快な存在であり、そうしたモノに囲まれている人は自分を大切に扱っていないと言える。また、モノではなく空間こそが財産であり、モノが整頓されている方が、快適に過ごせる。

▶モノの絞り込みが簡単になる3つの質問

とは言っても、いざ断捨離を始めようと思っても、貯めこんでしまった物を見た瞬間にうんざりしてしまい
手が進まないという人が、ほとんどではないだろうか、そんな時、自分自身に次の3つの質問をしながら整理すると、絞り込みが簡単になる。

このモノは、
1.見栄えが良いものか? 見ているだけで、気分を高めてくれるものか?
2.深い思い入れはあるか? アイデンティティーを再確認する手助けになるものか?
3.役に立ってるか? どれくらい使うか? 何かで代用できたりしないか?

答えがNOになったものは容赦なく処分してしまおう。「とりあえず」は禁句、「いつか」なんて日は来ない。

▶不要品の処分方法

不要品の処分方法は、廃棄だけでなく、以下の3つの方法がある。

1.ほしがっている人にあげる
寄付したり、友人や知人でほしがっている人にあげれば、その人もモノも喜ぶ。

2.売れるモノは売る
例えば「ブックオフ」は書籍だけでなく、CDやDVD、ゲームソフト、ファッション、おもちゃ、スポーツ用品など、様々なモノを買い取ってくれる。また、「Amazonマーケットプレイス」や「Yahoo! オークション」に出品するのも手だ。

3.デジタル化する
写真や古いVHSなどは、デジタル化してハードドライブに保存しよう。分厚いアルバムやビデオテープで、貴重な収納場所を無駄遣いせずに済む。

最後に残った、どうにもならない物は廃棄しよう。

スポンサードリンク

▶断捨離の効能

そして、絞り込みが終わってしまえば、次の様な、ゆとりのある新しい人生をスタートすることができる。

1.スペース(余地・余裕)ができた。
・新しいものが入ってくるようになった。毎日に発見が増えた。いつもと違うところに目がいくようになった。
・選ぶ余裕、考える余裕ができ、さらには、いらないものを防ぐ余裕ができた。
・多くの時間や体力が残るようになった。それを投資できるようになった。

2.気を引くものが大幅に減った。
・エネルギーが一点にあつまるようになった。レーザーのような集中力を取り戻した。
・物事がつづくようになった。
・時間や体力を無駄使いしなくなった。

3.心の平和が増えて、平常心が研ぎ澄まされるようになった。
・くだらない悩みが減った。
・ハートの切り替えが軽く早くなった。
・パニクらないので、より冷静・ロジカルにいられるようになった。
・恐怖に惑わされず、いつでも優しさや愛を選べるようになった。

一度、整理してしまえば、その状態をキープできるように以下の様なルールを作ろう。

1.新しいものをひとつ買ったら、ひとつ捨てる。
2.モノに「有効期限」を定める。期限を過ぎたら捨てどき。
3.本当に必要かどうか、48時間考えてから買う。
4.より使いやすい形に整理整頓する。

これで二度とモノが増えることはないだろう。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]