孤独に白血病と闘う2歳の少女。その心を癒やした隣の建設現場の作業員の行動


白血病と闘う2歳の少女ビビアンちゃん。

彼女の病室を訪れるのは、家族と病院のスタッフだけ。

vivianleuk_R

毎日のほとんどの時間を、1人っきりで過ごしています。

 
そんなビビアンちゃんが毎朝することは、となりの建設現場にいる作業員さんたちに、窓越しに手を振ること。
vivianleuk1_R
向こうが気付いてくれて、振り返してくれるまで、ずっと振り続けているそうです。

 
ある朝、いつものように窓から見える友達に手を振ったビビアンちゃん。
vivianleuk2_R

 
その日、振り返してくれる人はいませんでした。
vivianleuk5_R

しかし・・・

その代わりに、何かを指さしている作業員さんたち。

 
その方向を見ると・・・

そこには、「早く良くなってね」というメッセージが、大きく書かれていたのです。
Get-Well-Soon-screenshot-KDSK_R

手を振るだけではなく、応援の気持ちを伝えたかった作業員さん。

ここに書いておけば、暫くの間は、毎日そのメッセージを見ることができますね(*´ェ`*)

スポンサードリンク

 
さらには、ビビアンちゃんの病室を訪れる人も増えました。

なんと、毎朝手を振り合っていた作業員さんたちが、ついに遊びに来てくれたのです!
vivianleuk6_R

 
▼ 今回の記事はコチラの動画の内容を参考にまとめています。

作業員さんたちの優しい気持ちは、幼い体で辛い闘病生活に耐えるビビアンちゃんを、大いに励ましたことでしょう。

ビビアンちゃんが病気に打ち勝って、早く退院できることを、心から願います。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]