「障がい者は よそへ行け」ダウン症の子を差別した客への店員の対応が男前!

米テキサス州の都市ヒューストンにて、普段からよく行くレストランに、息子と一緒に食事に来たキム・カスティーヨさん。

wstandup1_R

 
息子の5歳になるマイロくんはダウン症を抱えています。
wstandup2_R

いつもマイロくんに会うとニコニコしてくれるウエイターたち。ここはカスティーヨさんとマイロくんの、お気に入りのレストランでした。

 
お店に入った2人が席につくと、隣の席に元々いた家族が、他の席に移動しました。
wstandup3_R

ウェイターのマイケル・ガルシアさんは、最初は、特にそのことを気に留めていなかったと言います。

しかしその後すぐに、その家族のテーブルで”心ない言葉”を耳にしたのです。

障がいを持つ子どもなんか連れてくるな。障がい者はどこか特別な場所にいるべきなんだ。

 
これを聞いたマイケルさん。お店のオーナーに確認することもなく、すぐに行動を起こしました。

すみませんが、本日はお客様にサービスをすることはできません。

そう言うと、その家族に店を出るように促したのです。

その家族は「じゃあ帰る!」と、レストランを去って行きました。

 
マイケルさんがマイロくんのために立ち上がってくれたということを、後で知ったカスティーヨさん。

誰かが自分の立場を危うくしてまでそうしてくれるなんて思いもしなかったと言います。
wstandup5_R

 
しかし、お客さんへのサービスを拒否するという行動を取ってしまったことが、マイケルさんの仕事にどう影響するのか。カスティーヨさんは心配していました。

すると、そんな心配もよそに、お店のオーナーは、「お客さんはいつも正しいわけではありません」と、彼の行動を快く受け入れてくれたのです。

 
マイケルさんはこう言います。

障害を持つ子どもが普通のレストランに来られないということは、肌の色が違うから普通のレストランには来られないと言うのと同じことだ

wstandup4_R

今でこそ肌の色による差別は少なくなってきたものの、外見が違うから平等な待遇が受けられないという点ではどちらも同じ問題です。そんなこと許せるはずがありません!

スポンサードリンク

 
▼ 今回の記事はコチラの動画の内容を参考にまとめています。

 
今回のような心ない言葉は、本人と家族はもちろん、周りで聞いていた人たちでさえ傷つけてしまいます。

とても勇気のいることではありますが、マイケルさんのような優しくて強い心を持ちたいものです。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]