エッフェル塔の灯が消えた日、世界各国がフランスに照らした光 13選

フランス・パリにて13日の夜(日本時間14日早朝)、コンサートホールやサッカー場などをターゲットとした同時多発テロが発生。テロ組織ISISが犯行声明を出したことも確認され、現在までに死者は129人を超える惨事となっています。

この事件を受け、パリのシンボルである”エッフェル塔”の灯が消されることに。

 
それに従って、ラスベガスにある豪華ホテル「パリス・ラスベガス」にそびえ立つエッフェル塔の灯も・・・。

追悼の意を込めて灯が消されたものの、これでは人々の悲しみが深まる一方では…。

しかし、その心配はありませんでした。世界各地からフランスに、光が照らし出されたのです!

 
ワールド・トレード・センター跡地に立つ、”ワン・ワールド・トレード・センター”に、光り輝く3色の灯が。フランスの国境を示す、赤・白・青のトリコロールです。

 
ボストンのアイスホッケー場では、試合前のリンクがトリコロールに染まり、フランス国歌が響き渡りました。

 
こちらはシドニーのオペラハウス。

 
カナダ・トロントのCNタワーと、シティホール。

 
台湾・台北の101。

 
スペイン・マドリッドのシティホール。

 
ブラジル・リオデジャネイロにある、コルコバードのキリスト像。

 
カリフォルニア州・サンフランシスコのシティホール。

 
フランスで起きた悲劇を追悼し、前を向く力になればと世界各地で灯されたトリコロール。国境を越えたあたたかな光に胸が熱くなりますね。

※1889年以降初めてというのは間違いです。

 

スポンサードリンク

 
なお日本では、東京タワーで本日15日の日没から23時まで、

 
東京スカイツリーでも本日17時から23時まで、追悼のトリコロールライティングが点灯されています。

 
他にも、都庁や駒沢オリンピック記念塔でも実施されています。

 
ひとつの国を想い世界中の心が通じ合った光景。寒空のなかにも温もりを感じます。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]