世界最速の花火大会!17分で2万発の予定が15秒で全部打ち上がるとこうなる

花火の季節がやってきたので、2012年にアメリカ・サンディエゴの花火大会の映像を紹介します。当時ニュースで見た人もいるかも。

原因はコンピューターの誤作動と言われていますが、17分かけて打ち上げる予定の花火が15秒で全部終わってしまいました。35万ドルかけたイベントが15秒で終わったことになりますが、約50万人の観客に怪我は無く、ある意味貴重な体験となったそうな。

ポカーンとしたらシェア(・ω<)

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]