高速道路で見つけた傷ついた犬について行くと…。犬と女性の強い想いが導いた結末

ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボの、高速道路を走行していたエディナさん。ただならぬ様子で車両の間をくぐり抜けていく野良犬を発見しました。動物保護団体”Harmony Fund“で勤務する彼女は、犬を放っておくことができるはずもなく、追いかけました。

 
車を止め、その犬に近寄ってみたものの怖がって逃げてしまいます。何とか追いつき抱きかかえると、案の定ひどい傷…。
d1_R

 
お腹も空いていたのでしょう。車内にあった食べ物を与えてみると、瞬く間に平らげてしまいました。
d2_R

 
とりあえずお腹を満たしたその犬は、また歩き始めたのですが、エディナさんの方を何度も振り向きます。

その様子は「ついて来て」と誘っているようにしか見えませんでした。

スポンサードリンク

 
エディナさんは迷わず後をついて行ってみることに。

エディナさんがついて来ていることを確認しながら、その犬が行きついた先は…子どもたちが待つ場所でした。男の子と女の子、2匹の子犬がお母さんの帰りを待っていたのです。
d3_R

 
そして辺りを見渡すと、すぐ側に一軒家が。どうやら野良犬だと思っていた犬は、人間に飼われているようなのです。

しかし、飼われている環境は見るからに劣悪・・・。十分なエサも貰えず、全く可愛がられていないことは明白でした。

 
エディナさんが家のドアをノックしてみると、中から出てきたのは年老いた1人の男性。そして犬の話をした途端、理不尽に怒り始めました。

「彼は怒っていたけれど、私だって可哀想な犬たちのために相当怒っていたわ。」とエディナさんはその瞬間を振り返ります。

スポンサードリンク

 
結局、逆上した男性の口から放たれたのは「どうせ捨てるつもりだったんだ!」との言葉。

この言葉を決め手に、エディナさんは躊躇なく3匹の犬たちを連れて帰ることにしました。
d4_R

 
3匹を車に乗せてやると、母犬は本当に安心した様子でした。
d5_R

子どもたちのためにも、そして自分のためにも「どうにかしなければ」と考えを巡らし、自分の手で掴んだその幸せ。

心優しい女性に出会えたのもラッキーでしたが、やっぱり母は偉大ですね(*´ェ`*)

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]