山火事の後、1日中ある場所に留まり続けた3匹の犬。その理由とは…

アメリカのアイダホ州、カミアで起こった大規模な山火事。42世帯が全焼したという非常に悲惨な火災となりましたが、また1つ、犬のもつ優しさを証明する出来事があったと世界で報じられています。

それは、火災によって命を奪われた1匹の子ジカの遺体を見守る、牧羊犬とその子犬の姿でした。
thrdogs_R

これは、近所に住むルイス・アームストロングさんによって、火災の被害を確認していた際に撮影された写真です。

朝、この場所に立ち寄ったアームストロングさんは、この光景を目撃しました。そして、その後、犬と子ジカの様子を見るために、何度かここを訪れました。犬たちは一向に移動する気配がなく、暗くなってから訪れた際も、まだここに座っていたのです。

 
アームストロングさんの目には、まるで子ジカの遺体が他の動物によって食べられるのを防ぐために、見張っているように映ったといいます。

真相は犬たちにしか分かりませんが、この状況から判断するに、犬たちがじっとそこに留まっている理由は、子ジカ以外には無いように思います。

生前の子ジカと犬たちは友達同士で、死後を見守ってあげることが彼らの誠意だったのかもしれませんね。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]