すぐに実践できる!話を伝えるために大切な5つのこと

一生懸命に話しているのに相手の行動が変わらない。相手はあなたの話を無視しているわけではなく、単に伝わっていないだけです。話を伝えるために大切な5つのことをまとめました。

1.目的を明確にする

「何を」「何のために」伝えたいのかを明確にする

・相手に伝える前に、自分の気持ちを明確にし、道筋を作っておく。
・どんな気持ちを伝えたいのか、相手をどんな気持ちにさせたいのか、自分の気持ちを事前にしっかりと確認する。

最初に、どんな話がしたいのかを伝える

・質問がしたいのか、相談がしたいのか、相手に何をしてもらいたいのかを、最初に伝えることで、話が回りくどくなり、脇道にそれてしまうことを防ぐ。

2.相手の話を聞く

「話す」と「聞く」は車の両輪

・うまく聞いた後、話すことで、話が伝わりやすくなる。
・話を聞いてから、一呼吸を入れて、自分の意見を言う。

3.心に伝える

人は、まず心で感じて、頭で理解する

・人は最初に「こころ」で感じるため、心に伝える話し方をする。
・心に伝える話し方というのは、うまく言葉を発することではなく、気持ちを伝える事ということ。
・例えば、相手の話を聴きながら、自分の番がきたらこれを話そうなどと考えていると、あなたの第一声は、「頭で考えた言葉」になってしまう。
・ただし、感情的になりすぎると説得力が失われるので気をつける。

スポンサードリンク

4.無駄に長い話はしない

基本的に 「長い話」 は伝わらないと心得る

・内容が良く、聞きやすい話し方を持っていても、相手がよほど自分に興味を持って話を聞いていない限り、長い話は伝わらない。
・長い話を聞かされることを、ほとんどの人は苦痛に思う。

無駄を省いて、短くゆっくりと間(ま)を取りながら話す。

・意識しないで話すと、意外に無駄な言葉や情報が多くなってしまう。

具体例を効果的に入れながら話す

・会話の中に意識的に馴染みのある固有名詞や数字を取り入れることで、話に具体性を持たせることができる。
・具体性を持たせると聞き手の頭の中にイメージが浮かびやすくなる。

5.自分の声の特徴を知る

声の特徴によって伝わり方が違う。

・高い声、低い声、強い声、やさしい声など、声にはたくさんの性質や種類があり、それぞれに伝わり方が違う。
・自分の話を録音して聞いてみることで、自分の声の特徴を知り、その特徴を考慮した上で、どのように聞こえるかを意識しながら話す。

最後に

大切なのは、気持ちを伝える事ということです。気持ちを伝えることで、心に伝わり、心に伝わることで、頭で考えさせ、反応を促すことができます。

スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]