頭が下がる。殺処分寸前から救助犬になった夢之丞。ネパール震災の救助に参加


4月25日に発生したネパールでの大地震。日本からネパールに向かった救助隊の中には、殺処分寸前に救われ災害救助犬となった夢之丞(ゆめのすけ)の姿もありました。

災害支援を行うNGO団体『ピースウィンズ・ジャパン』によると、4月28日より同所属の災害救助犬(夢之丞、ハルク)とレスキュー隊が、カトマンズ市内での活動を開始しました。(詳しくはコチラ ピースウィンズ・ジャパン

11109510_916469711746499_2721113604809642179_n_R

IMG_1682-768x1024_R

 
メンバーの中の1匹、夢之丞は、かつては殺処分寸前の捨て犬でした。

(夢之助の生い立ちはコチラでご覧頂けます。)

 
寸前のところでピースウィンズ・ジャパンに選ばれ一人前の救助犬へと成長した 夢之丞(ゆめのすけ)。先の広島土砂災害の際には、このチームで行方不明者2名を発見しています。

 
今回のネパールでの救助活動への参加はTwitterでも話題になり、


ネット上では…

●本当に頭が下がります…どうか怪我や病気に気を付けて…。
●うわーん! 朝から泣きそうです。 がんがれ夢之丞!
●ダメだぁ…涙腺が…。人間なのに人間嫌いになる。
●本当に素晴らしい!健気な頑張りに、心から敬意を払います!どうか怪我などせず、無事に帰ってきてね(´;ㅿ;`)

など、多くの人が応援メッセージを送っています。

 
4月29日現在、ネパール地震の死者は5000人を超えたと言われています。

世界中からの救助隊が続々と現地に到着していますが、主要なインフラが破壊されているため、救助活動は難航しているそうです…。

 
人間の身勝手で殺処分されそうになったにも関わらず、人間を助けてくれる夢之丞。

夢之丞の真っ直ぐな思いに頭が下がると同時に、被災地の方々や、救助に参加している他の救助犬やレスキュー隊の人たちのために、何か力になれればと思いました。

ピースウィンズ・ジャパン:【ネパール地震】緊急募金のお願い
Yahoo!ネット募金:ネパール 地震被害緊急支援募金
日本赤十字社:2015年ネパール地震救援金
スポンサードリンク
この記事が気に入ったら してね
LINE
今、あなたにオススメの記事
あなたにオススメ [PR]